今回は久々のスロークッカーのレビューです。
スロークッカーと言えば、TWINBIRDさんのEP-D727Rですね。

TWINBIRD タイマー付スロークッカー レッド EP-D727R

以前牛すじカレーを作ったよってこと書きました。
しかもそれは、思っていた以上においしくできて大満足でした!

その後スロークッカー自体出番がなくて埃をかぶっていたかというと、実際はそうでもないんです。

うちの奥さんも、意外と気に入って使ってくれてます。
大根を煮込んだり、昨日はまた焼き芋作ってました(^^)
そんなツインバードのスロークッカーですが、今回はビーフシチューにトライしてみました。

ビーフシチューはちょいとひと手間必要です

以前からこれを作りたかったんですが、ちょっと手間がかかりそうだったので、どうしても躊躇していたんですよねぇ。

今回は時間も取れたので、思い切って作ってみることとしました。
材料は以下の通りです。

ビーフシチュー(4人分)

  • 牛バラ肉の角切り    300g
  • 牛すじ         300g
  • 塩・こしょう      適宜
  • 薄力粉        大さじ2杯
  • にんじん        2本
  • 玉ねぎ         2個
  • じゃがいも       2個
  • マイタケ         1株
  • サラダ油        適量
  • コンソメスープ     3個
  • 水           700ml
  • 赤ワイン         100ml
  • トマトピューレ      150g
  • バター         30g
  • 薄力粉          大さじ4杯

ほぼスロークッカーのレシピに載っているままですね。
違うのは肉の量が若干多いことと、牛すじを使っていることでしょうか。

まずは下ごしらえです

先に野菜類を適当な大きさに切ります。
ある程度食べ応えがある方がよいと思ったので、ちょっと大きめに切ってみました。

BS1

結構具だくさんな感じです(^^;

 

そしてお肉については、カレーに続いて牛すじも使ってみることにしました。
牛すじに関しては、ことこと煮込む料理に使うと美味しいですからねぇ。

牛すじは、前回同様にまずは軽くゆでて臭みなどを取ります。
そして水で洗ってから、適当な大きさに切ります。

さらに牛バラ肉のブロックを投入です。

BS2

肉の量は2つ合わせてこれぐらいです。
そこに塩・こしょうを適量かけ、さらに薄力粉をまぶして、表面全体に行き渡らせます。

BS3

するとこんな感じになります。

今回は最初に火にかけて炒めます

ここがこれまでのものとちょっと違うところです。
今までの料理は、材料を入れてそのままスロークッカーにかけて後は待つって感じでした。
しかし今回はまず直火で炒めます。

これができるのはEP-D727Rの進化したところでもあるんですよねぇ。
前の機種(EP-4717BR)では直火で炒めることができませんでしたから。
わざわざ別の鍋で調理する必要がないのは、洗い物を減らせる意味でもありがたいですよね。

そんなわけで、本体から陶器製の鍋を取り出して、適当にサラダ油を敷いてから、直火にかけます。
そこににんじん、玉ねぎを投入し、軽く炒めます。
ある程度玉ねぎなどがしんなりしてきたところで、今度は準備した牛肉を投入してさらに炒めます。

そんなに思いっ切り火を通さず、ある程度肉に色が付く程度でOKだと思います。

BS4

いい感じで湯気が出てますよね。

ある程度炒めたら、あとは残りのじゃがいも、マイタケを投入です。

BS5

具があふれるぐらいの勢いです。

さらにここにコンソメスープを投入です。
お湯700mlにコンソメの固形スープを3個溶かしてみました。

BS6

いい色してるでしょ?

出来上がったコンソメスープと、トマトピューレ(今回はカットトマトの缶詰)を鍋に投入します。

BS7

これまた山盛になってますね(^^;

この鍋をスロークッカーにセットします。
そして蓋をして、“強”で2時間ほど煮込みます。

BS8

2時間たったら

こんな感じに仕上がります。

BS11

いい感じでしょ?
相変わらず具だくさんなのは変わりないですけどね。

今度はこのスープがトロトロになるように、薄力粉とバターを溶かしたものを追加していきます。

まずはバターをフライパンで溶かします。

BS9

溶けたバターを薄力粉に加えて混ぜていきます。

BS10

だんだん混ざってくると、ある程度まとまって塊になってきます。

そこに先ほどのシチューの煮汁を加えて、ゆーっくりと伸ばしていきます。
ダマができてしまわないように気を付けてくださいね。

BS12

うまく溶けたところで、これをシチュー本体に加えます。

BS13

この状態で、蓋をしてさらに3時間煮込みます。

完成品がこちら!!

見た目ではあまり分からないかもしれませんが、少しとろみがつきました。

BS14

BS15

 

皿によそってみましたが、じゃがいももにんじんも具が大きいでしょ?
5時間煮込んでも、あまり野菜は煮崩れしないんですよね。
これがスロークッカーのいいところです!

そして肝心のお味の方は

うん、うまい!!

肉についてはやっぱりホロホロに崩れていく感じで、すごく柔らかくなりました。
この肉の食感はスロークッカーならではと言っていいと思います。
牛すじカレーのときと同じような感じです。

対して野菜類は適度な歯ごたえが残っていて食べ応えがあります。
シチュー自体は赤ワインがよく効いていて、コクがあっていい感じでした。

今回のものは見た目が明るい感じになっていますが、後日さらに煮込んで見たところ、よく見るような濃い色のシチューに変身していきました。
(残念ながら写真を撮ってないんですよねえ)

お味の方もさらにコクが出て美味しかったです。
煮込めば煮込むだけ良いのかもしれませんね。
スロークッカーで煮込む分には、いくら長時間したとしても、焦げてしまう心配がないので本当にありがたいものです。
とっても簡単にお店の味に近いものが完成しますから、ほんとすごい調理器具だと思います。

というわけで、ビーフシチューもなかなかやるな!って感じのものができあがりました。
ただし面倒なところとしては、2時間煮込んだところでバターと小麦粉を追加しないといけないってことがありますね。
そこさえクリアーできれば作ってみる価値はあるかと思いますよ。
ぜひ一度お試しくださいませ。

今度同じものを作る時は、もっと赤ワインを入れて、肉も増やして、さらに煮込み時間を最初から長くしてやってみようかなと画策中です。
その他にも煮魚とかにもトライしてみたいですね。

また美味しいものが出来上がったらレビューしていきますのでお楽しみに。

本日もありがとうございました。