先日はKindle Paperwhiteの購入から開封の儀までをお届けしました。

なかなかよさげでしょ?

引き続きまして、今回は実際のセットアップの手順などを写真を交えて解説していこうと思います。

早速電源オン!からセットアップです

では、早速セットアップ開始です。
KindleのE-inkってのは

電源が切れていても常に画面が表示されている

ので、液晶に慣れちゃっているとなんか不思議な感じがします。
ちょうど磁石を使ったお絵かきボードみたいな仕組みなんでしょうかね?

それでは画面の下にあるスイッチをオン!

KPW1-9すると、Kindleのロゴみたいな画面が出てきます。

続いて

KPW1-10言語選択が出てくるので、“日本語”をタップ。

KPW1-11しばらく待ちますと

KPW1-12なんだか派手な画面ですね(^^)
続きまして

KPW1-13Wi-Fiの設定が出てきますので、自分が使うWi-Fiの選択とパスワードなどを入力します。

KPW1-14あとはアマゾンのアカウントを設定して終了です。
意外と簡単ですよね。

あとは自分の購入した本があればダウンロードできますので、普通に使用開始できちゃいます。

やっぱりライト付きは見やすいですね

Kindle Paperwhiteの魅力は、解像度もあるんですが、やはり

ライトを内蔵していること

ですよね。

実際ライトの明るさ設定は

KPW1-15

上のメニューの中の電球みたいなアイコンをタップすると出てきます。
これでかなり明るくすることもできますので、暗い所や外などでも十分に利用できそうです。

というわけで、今回はさらっと設定までについて触れてみました。
次回はちょっと気になる無印Kindleとの比較についてお話していきますね。

 

そういえば、8月19日現在も

Kindle 4,000円オフキャンペーン

を実施中のようですよ。
一緒にKindle Fire HDも割引キャンペーンを開催しているみたいですね。
興味がある方はいまがチャンスかもです。

詳細は以下のページからどうぞ。

Kindle 4000円オフの詳細ページはこちら

本日もありがとうございました。