これまで2度にわたってお届けしています”2015 Kindle Paperwhiteレビュー”ですが、今回はその続編をお届けします。

前回までは開封の儀およびセットアップをお届けしました。
今回は、実際自分が持っていた無印Kindleとの比較と、使用感などをお伝えしていこうと思います。

無印Kindleとの比較

無印Kindleも比較的最近発売されたKindleシリーズの1つなんですが、なんといっても

値段が非常に安い

というのが大きな特徴です。

現在も続いているセール中に購入すれば

4,980円

で購入できちゃいますからね。
これは本当に安いですよねぇ。

Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

電子書籍を試してみようかなって場合、これなら失敗しても許される金額かと思います。

機能的にはある意味十分と思われる無印Kindle。
しかしKindle Paperwhiteと比べてしまうと、やっぱりPaperwhiteのほうがよかったりするんですよねぇ。

無印Kindleと並べてみました

実際に一緒に2台を並べた写真がこちら。

KPW2-1一瞬どっちがどっちか分からないぐらいですよね。

左がKindle Paperwhite、右が無印Kindle

となっています。

本体サイズ、画面サイズともにほぼ同じぐらいです。
ベゼルの幅もほとんど違いがありません。

KPW2-2真上から見ると、ちょっとだけ無印Kindleの方が画面が上よりな感じといえるでしょうか。

続いて高さを比べてみました。

KPW2-3このように、わずかにKindle Paperwhiteの方が薄いです。
しかしほとんど違いがないぐらいですね。

裏面はというと

KPW2-4ともにamazonのロゴなんかが書かれています。

しかし一番の違いは

Paperwhiteはゴム、無印はプラスチック

ということです。

さらに無印の方が少し角ばっているんですよね。

これも真横から見てみますと

KPW2-5このとおり。
こうやって並べると

Paperwhiteの方がかなり薄く見えます

よね。
曲線形をしている分、より薄く感じられると思います。

ライトの威力は大きいです

無印Kindleを持っているにもかかわらず、あえてPaperwhiteを購入したのは、この

ライトがついている

という理由が最も大きかったんです。
無印Kindleだと、暗いところではホントに文字読むのが辛かったですから。

ということで、実際に少し暗いところで2台を並べて比較してみました。

KPW2-6

これはデフォルトの明るさなんですが、全然Paperwhiteの方が見やすいですよね。
ちなみにさらにライトは強くすることができるので、屋外なんかでも本は十分に読めそうです。

ちなみに明るさの調整は

KPW1-15

前回も触れたように、上のメニューからすることができます。
バッテリーを持たせたいなら、明るいところではoffとしておいてもよいかもしれませんね。

使用感について

無印KindleとPaperwhiteの使用感の違いですが、基本的には速度などはほとんど違いを感じません。
どちらもきびきび動く感じですよね。

それから画面の解像度ですが、文字で読んでいる分については、正直あまり差があるって気はしません。
そういう意味では機能的にはほぼ互角といえるかもしれません。

しかし使っていて大きく違うと感じるのが

持った時の感触

ですね。

先ほども触れましたが、無印Kindleは基本的にボディーはプラスチック製となっています。
対して、Paperwhiteの裏面などはゴムで加工されているんですよね。
これが持った時にすごくさらっとしているというか、ソフトな感じで気持ちいいんです(^^;
そして全体的に角ばっていないんで、持った感じも滑らかなんです。

高級感で比べたら、明らかにKindle Paperwhite !!

となりますね。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

それから画面の方ですが、こちらも触ったっ感じがちょっと違います。

無印はツルツル、Paperwhiteはザラザラ

になっています。

これに関しては賛否分かれるかもしれませんが、個人的には軽いザラザラ感も悪くないなと思っています。
まぁザラザラといってもきめの細かいものなので、嫌な感じを受ける人はほとんどいないと思われますけどね。

重さについては、無印と比べてPaperwhiteの方が10グラムほど重いのですが、持った感触はあまり違いを感じません。
むしろ少し薄く感じる分だけ軽く感じてしまうぐらいです。

まとめ

ここまでKindleの無印とPaperwhiteを比較してきてみました

動作速度などに関しては最初の方で触れたとおり、ほとんど違いは感じられません

ただし

使用感や高級感は明らかにPaperwhiteの方が上

と感じました。

なんか触っていて気持ちいいんですよねぇ(笑)
それでまた使ってみようかなって気もしてしまって。
実際のところ、明らかに使用頻度は増えています。

あと、やはりライトの有無は、使い勝手に大きく影響しますね。
明るいところでしか読まないというのならいいでしょうが、持ち歩いて使いたい方はライト付きをお勧めします。

というわけで

所有することの満足感を得たいなら、絶対にPaperwhiteの方がお勧め!!

と思います。

ただ純粋に本を読めさえすればいいってことなら、無印Kindleでも十分だと思います。
また無印Kindleにカバーを付けたりすれば、触った感じも変わってくるので考えも変わるかもしれませんが。

 

今回個人的にはPaperwhiteを買いなおして非常に満足しております。

これからKindleを買おうとしている方は、Paperwhiteを思い切って購入しちゃっても損はないと思いますよ。

現在も引き続き

Kindle 4000円オフセールを実施中

のようです。
詳細は以下のページからどうぞ。

Kindle 4000円オフの詳細ページはこちら

本日もありがとうございました。