先日悩んだ末にオリンパスのStylus SP-100EEを買ったよってお話をしました。

前回は悩んだ理由や、その他の機種との比較などを簡単に書きましたが、随分長くなってしまいました。
いろいろ悩みましたからねぇ(^^)

今回は実際の購入から、買ってみてどんな感じかという簡単なレビューです。

見た目の割に、お値段は意外と安いんです

最近のデジカメって本当にすごく進化しているんですよね。
しかもコストパフォーマンスも非常に良くなっていてびっくりです。

今回購入したSP-100EEくんですが、見た目はデジタル一眼風でしょ?

 

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS SP-100EE 世界初ドットサイト照準器搭載 光学50倍ズーム SP-100EE

最初は10万円ぐらいするのかなと思ってたんですが、意外や意外、なんと5万円以下で買えてしまうんですよねぇ。

ほんといい時代になったもんです。

ネットでいろいろ見ていても、安いところだと¥42000ぐらいでしょうかね。

いつもならAmazonで購入!!ってなるところですが、今回は久々にいろんなお店を回ってきましたよ。
まぁ実際に使用感も知りたかったですしね。
でもお店によっては、まだ商品自体を置いていないところとかもありました。

そして実際購入したのは、近くのヤマダ電機です。

最初はAmazonの値段ぐらいにしかならないとか、今は商品の数が少ないとかいろいろ理由を付けられて、45000円ぐらいの提示額でした。

でも粘りに粘って交渉したところ、ポイント還元分を合わせると税込で40700円で購入することができました。
もうちょっと安くはなったかもしれませんが、まぁ欲しいときが買い時ってことで、良しとしました。
ただ商品自体が発売されて間もないので、もう少ししたらさらに安くなるかもしれませんけどね。

というわけで開封してみました

恒例の開封の儀ですね。

sp2

本体はこんな感じの箱に入っています。
そんなに大きな箱ではないですよ。

そして中から取り出すと

sp3

いろいろ入っていますね。

手前の左から本体、ベルト、レンズキャップ、バッテリー、USBケーブル、充電器、後ろはソフトのCD-ROMと説明書群です。
説明書もそれ程分厚いものではないです。

本体はと言いますと、こんな感じです。

sp4

正面からですが、結構いい顔してますよね。

sp5

これが後ろから見たところ。
上に電子ビューファインダー(EVF)が付いていまして、その下に液晶モニタがあります。
モニタの右と上に各種ボタンがあります。

sp7

これが上から。

右にモード切替のダイヤルや電源スイッチ、シャッターボタン、ズームダイヤルが付いています。

 

 

sp6

左からの写真です。
“DOT SIGHT”と書かれていますが、これがこの機種に唯一搭載されているドットサイト照準器と呼ばれるかっこいい機構です。
通称Eagle’s eyeともオリンパスさんは呼んでいますね。
この機種の名前のSP-100EEの”EE”はここからきてるんです。

そしてスライドスイッチを動かすと、ポイントとなるドットサイトが立ち上がります。

sp8

立ち上がるとこんな風になります。
ここは望遠にしても拡大されない画面が見れるので、周囲全体を見渡すことができるというわけです。
そしてドットサイト照準器の中に、ちょうど拡大された部分が十字のターゲットとして表示されます。
そのターゲットを被写体に常に合わせていれば、動いていてもうまく撮影できるというわけですね。

ドットサイトが立ち上がっていると

sp9

こんな風です。
一緒にフラッシュも格納されているわけですね。

横からだとこんな感じです。

sp10

広げると、そこそこ高さはありますかね。
でもこれがあるから、なんだかかっこいいんですよねぇ。
男のロマンと言いましょうか(^^;

重さは589gということで、こちらもそこそこありますね。
でも手にしたときの安定感はなかなか良いです。
すごく重くて大変ってことはないですねぇ。

 

というわけで、まだ使い始めて間もないので、これからいろいろいじっていきますよん。
ちょっと使ったところでは、なかなか好感触です。
デジカメ楽しいかも♪って思ってウキウキしてます(^^)
またある程度しっかり使ってみたところで、ちゃんとレビューを書いていきますね。

さしあたり今日はこの辺で。
実際に撮影した画像などについては、次のエントリーで解説していきますのでお楽しみに。

本日もありがとうございました。