先日NASが壊れてしまったということをご報告いたしました。

QNAPのTS-410という機種です。

5年間と比較的長い期間を現役で頑張っていたので、確かに限界と言えばそうだったのかもしれませんけどね。

NAS1-1

でもQNAPって会社のNASはなかなかの優れものです。
この期間中、HDDが壊れることはありましたが、NAS自体はほぼトラブルなく活躍してくれていましたからねー。

しかも、5年たっているにもかかわらず

最新のNAS用のOSにバージョンアップが可能

だったんです。

さすがにOS自体はかなり動作が重くはなってましたけどね。
それでも最新機種と同じOSが動くというのは大したものです。
しかも最近になってもファームウェアが時々アップされていましたからね。

そういうところも見ていたので、非常にアフターサービスがしっかりしていて、いいメーカーだなって印象を持ってました。

最近NASが流行ってきているんでしょうか

今まではどちらかというと、NASってもの自体が業務用のもの中心でした。
しかし最近はいろんなメーカーが家庭用のNASにも参入してきているようですね。

古いところでは自分も使っていたQNAP、それ以外にNAS専門ではないですが、国内ではBuffaloやIOデータなんかが家庭用のNASを販売していました。

しかしここ最近新たに参入してきて、注目されているのが

ASUSTOR

という会社です。

なんでも台湾のASUSの関連会社のようですね。
しかもQNAPなどのNASメーカーで働いていた人々が中心に作った会社のようなんで、ノウハウもしっかりあって将来が楽しみな会社です。

その他にもSynologyなんて会社も出てきていますね。
こちらも台湾メーカーのようです。

それにしてもいろいろメーカーからいろんな種類のNASが発売されてくると迷ってしまいますよね。
まぁ消費者としては、選択肢が増えるので喜ばしいことではあるんですが。

この中でASUSTORの製品は、意外と値段が安く設定されているので、個人的には結構購入意欲が刺激されちゃうんですよねぇ。

で、どうするか

値段も安いし、思い切ってASUSTORのNASを買ってみようかなぁと思っていました。
しかしいろいろ調べていると、ちょっと耳寄りな情報を手に入れたのでした。

それは

QNAPのNASで使っていたHDDは、別のQNAPのNASに入れてもそのまますぐに使える

ってことでした。

これって結構魅力的じゃないですか?

新しいNASに移行する場合、通常使っていたHDDからデータを取り出して、それを新しく設定したNASのHDDに移動するって作業が必要になります。
データが少なければそんなに時間もかからないでしょうが、データ量が莫大にあるようだと、気が遠くなるような作業なんですよね。
なので、新たにNASを買っても、元と同じ状態に使えるようになるまでがすごくストレスになるんだろうなと落胆していました。

でもこの情報がほんとなら、HDDを入れ替えるだけで、まったく以前と同じように使えるみたいなんですよ。
確かにOS自体は古い機種も最新機種も一緒になりますからね。
こういうところがQNAPさんの素晴らしいところだと思います。

というわけで、やっぱり

浮気はせずにQNAPのNAS

を買おうかなって思ってます。

しかしお値段が…

QNAPの製品は非常に良いんですが、お値段もなかなかするんですよね。
ちなみに前回も書いてましたが、4ベイを内蔵しているQNAPのNASが比較できるスペック表が以下の通りです。

NAS2-1

まだ表はさらに下に続いていくんですが、重要そうな所だけピックアップしてみました。

この中では最上位機種はTS-470ですね。
性能はぴか一ですが、お値段もかなりすごいです。

 

QNAP ターボNAS TS-470 [4GB増設済みモデル]

Amazonで見てみたら、15万円ほどしちゃうのでした(^^;
さすがにこれは個人で買うにはきついですよね。

TS-420、421に関しては値段は安いんですが、搭載するCPUがMarvell製なんですよね。
それでも最近のCPUなのである程度のスピードは期待できるかと思うんですが、スペック表を見ていただいて分かる通り、download、uploadの速度が遅いんです。
これはちょっと残念ですよね。

ということで、買うならTS-469か最近出たばかりのTS-451かなと。

ただTS-469は2年前の発売なんです。

 

QNAP TurboNAS TS-469Pro


しかし2年前の製品とはいえ、性能的には十分かもしれませんけどね。
これでも84,000円前後はしちゃうんです。

でもせっかくなら新しい機種の方がいいかなって思ってしまうわけで。
家庭用とはいえ、CPUの性能もよさそうなTS-451に惹かれてしまうのでした。
これだったら文句ありませんもんね。
白いデザインでちょっとかっこいいし。

 

QNAP TurboNAS TS-451


じゃぁTS-451はいくらかなって調べてみたところ、値段を見てびっくり!!

なんと

11万5千円!!

もしちゃうのでした。

こんなの家庭用とは言えませんよね。
「やーめた」と諦めていました。

しかしいろいろ調べてみたところ、なんとQNAPのこの最新機種を

TS-469pro以下の値段で購入する方法

を発見したのでした。

その具体的な方法は…次回詳しく解説していきましょう(^^)
自分はそれで購入しようかな♪って思っています。

本日もありがとうございました。