OlympusのStylus SP-100EEを購入してから、はや1か月半程度経過しました。

結構自分は飽き性の方なんですが、このデジカメに関しては意外と飽きずにいじくっております(^^)
思っていたより奥が深くて、面白いんですよねぇ。

以前動画を試しに撮影したよって報告しました。

今回はさらに踏み込んで、ハイスピード撮影も含めた動画撮影のレビューを書いていきますね。

動画撮影もなかなか面白いです

この機種の特徴である50倍ズーム、静止画はこれまでお話してきたようにとっても面白いです。
口コミでもかなり評判になっているらしいですしね。

sp9
しかしそれだけでなく、動画に関してもこれがいろいろ使えて面白いということを発見しました。

今回は公園に散歩に行ったついでにいろいろと撮影してきたので、それをご紹介いたしましょう。

まずはつがいのアゲハチョウが仲良くしているのを撮影しました。

こういうのも眼の前だと普通は逃げちゃいますからね。
離れたところからこそっと撮影しています。

こういう時には、やっぱり50倍ズームだと強いですよねぇ。

ただまだ慣れていないのもあって、途中で結構大きくぶれちゃってます(^^;
特に倍率を変えようと手を動かしたときに、被写体が画面外になるまでぶれちゃいました。
軽いブレに関してはぶれ補正がしっかり働いてくれるのでかなり良いんですが、さすがにあまりに大きいと無理ですわね。
しっかりホールドして、操作に慣れれば解決する問題かもしれません。

そうは言ってもちょっと動くだけで大きくぶれてしまうのが、高倍率ズームの弱点と言えば弱点ですね。
手持ちでの気軽な撮影の際には注意しないとです。
もちろん三脚とかを使ってガッチリ撮影すれば、こんなことも起きずにすむでしょうけどね。
まぁそこまでこだわってやるかは個人次第ということで。

ハイスピード撮影にもトライしてきました

前回のときにはできなかったいわゆる“スーパースロー撮影”にも今回は挑戦してきました。

Stylus SP100-EEには、以下の2種類のスロー撮影機能がついています。

①120fps 640×480

②240fps 432×324

フルHDでないところが少し残念ですが、まぁそうは贅沢も言えませんものね。
実際どこまでハイスピード撮影を使うかというと、まぁ微妙かもしれませんし。

とりあえず今回はマガモ君を被写体として撮影してきましたので、見てみてくださいね。

まずはフルHD 1080 60pでの撮影です。

まぁこれはこれでいいですよね。
これもかなりズームで寄って撮影しています。
マガモ君も全く気付いていない感じで、リラックスしております(^^)

続いては120fps 640×480での撮影です。

これでも結構スロー再生になっていますよね。
水を飲んだり、水が飛び散ったりする感じを見てもらえると実感できるかと思います。

そして、最後にスーパースロー撮影である240fps 432×324での撮影です。

これ、見ていて面白いでしょ?
毛づくろいもフルHDバージョンと比べると分かるんですが、ほんとはかなり速い動きなんですよ。
こちらも水を飲むシーンや、水が飛び散ったりするところを見るとちょっと感動します。

ただやっぱりこうやって見た際には、もうちょっと解像度があった方がきれいでいいんだけどなぁって贅沢を言いたくなっちゃいます。
フルHDと比べると、毛の感じとかが全然違いますもんね。

でもちょっとした遊びでスーパースロー動画を撮る分には、機能的にこれで十分かもしれません。

注意点としては

ハイスピードムービーおよび1080 60pのフルHD動画を撮影するときの注意点としては

モードを

① P(プログラム撮影)
② A(絞り優先撮影)
③ S(シャッター速度優先撮影)
④ M(マニュアル撮影)

のどれかにしておかないと撮影できない

ということです。

最初自分もそれを知らず、撮影できなくて困ってました(^^;
iAutoなどでは選択できませんので、気を付けてください。
(60pでないFHDは撮影できますけどね)

それから

ハイスピードムービーでの撮影は最大20秒まで

となっています。
残念ながら長時間撮影はできませんのでご注意を。

ほんといろいろ遊べるデジカメなんで、使えば使うほど面白機能が見つかって楽しいです(^^)

興味のある方は、ぜひ店頭でもよいのでいろいろいじって試してみてくださいね。
ということで、今回はスーパースロー撮影を含めたオリンパスのStylus SP100EEの動画機能に関するレビューでした。

本日もありがとうございました。