ということで、購入したばかりのVelbon製の三脚EX-440ですが

Velbon 三脚 レバー式 EX-440 4段 小型 3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 301482

昨日のレビューでは、おおまかに外観やサイズなんかをお伝えしてきました。

今回は、実際に自分が購入したデジカメ OlympusのStylus SP-100EEに装着してその使い勝手を見ていきますね。

ではカメラに装着してみましょう

昨日も書きましたが、雲台についているネジの部分は、一部外れるんですよね。

ex2-5

 

こんな感じで。

これを早速自慢のデジカメ OlympusのStylus SP-100EEに装着してみました。

こちらが装着したところの裏面ですね。

ex3-1

 

装着自体は全く問題なくスムーズにできたのでした。
装着したときの厚みはというと

ex3-2

 

まぁこの程度ですね。
(カメラの液晶が指紋だらけですね(^^;;;)
そんなにすごく厚いというわけではありません。
実際にこのままカメラのケースに入るかなってやってみたら、問題なく入りましたよ。
ネジ以外はプラスチック製なので、そんなに重くもないですし。

だから三脚を使っての写真撮影を繰り返してするような場合には、これを装着したままにしておいた方がよいのかもしれませんね。

そしてこの台ごと本体に装着すると

ex3-3

 

なかなかよい感じでしょ?
デジカメ本体を載せても、全然安定しています。
特に倒れそうになるようなことは全くありませんでしたよ。

ex3-4

 

こんな風にカメラの視線をちょっと上に向けるぐらいなら全く問題ありません。

思い切って

ex3-5

こんな風に真上向きにしてみましたが、これでも倒れそうになることなんて全くありませんでした。
不思議と言えば不思議ですが、なかなか優れた安定感のある素晴らしい三脚だと思います。

ex3-6

 

正面から見てもこんなですからね(^^;
確かに

天体の撮影などをしたい

といった場合には、この角度にしても安定しているってのはかなり重要かもしれません。

ex3-7

真上向きになってるのを、真上から撮影してみました(笑)
こうやって見てもらったほうが、このすごさが分かってもらえるでしょうか?

さらに自由度の高さをお見せしましょう

さらに、この台座を取り付けた部分は90度開くという動きができるんです。
どういうことかというと

ex3-8こんな風にもできちゃうんです。
なんだか曲芸をしているみたいですよね。

果たしてこんな角度で撮影をするシチュエーションがあるのかは謎ですが、いずれにしても自由度が高いことはとってもいいことだと思います。
しかもその状態ですごーく安定しているってところが素晴らしいですよね。
いろいろといじってみて、初めてこのEX-440が高く評価されている理由が分かったような気がします。

足を伸ばしてみましょうか

これも気になるポイントですよね。

最大で1530mmまで

高くすることができるという、その実力をお見せしましょう。

まずは脚をおもいっきり延ばした状態がこちら!

ex3-9

 

結構高い位置になるでしょ?
脚を伸ばした場合は、伸ばしていない状態と比べるとやはり多少は不安定になりますが、カメラ自体がぶれちゃうような感じは全くありません。
ただ脚もそれなりに長くなるので、それに対応できる面積が確保できるような場所が必要となりますね。

しかし、実はこれが最大の高さではないんです。
さらにここから上にスルスルと延ばすことができるんです。

まさに最大の長さってのがこちらです。

ex3-10脚の頂点からさらに上に伸びたのが分かりますか?
雲台だけさらに上に伸ばすことができるんですよ。

正面から見ると

ex3-11

 

まぁなかなかこの高さから撮影することはないかもしれませんけどね。
でも運動会の人混みの中なんかだと、この高さから撮影できるってのは結構な強みになってくれるかもしれませんね。

ちなみにその雲台を上に伸ばすというのは

ex3-12

 

下についているレバーをぐるぐると回すんですよ。

すると

ex3-13

 

こんな感じでエレベーターのように上にスルスルっと伸びていってくれるんです。
いろんな機構がついていて面白いでしょ。

詳細は

詳しい使い方や各部の働きについては、ちゃんとマニュアルに書かれています。

ex2-7

 

と言いつつ、自分はほとんどマニュアルを見ずにやってしまいましたが(^^;

もうちょっとしっかり読むと、もっと便利な機能が付いているのかもしれません。

 

そして最後に、もうひとつ玄人受けしそうな機構が付いてました。
それは

ex3-14

 

ドアップで撮影したんですが、なんだかわかりますか?

これは

水平を測定する機構

なんですね。

空気がちょうど赤の円の中に入っていれば、水平になっているよってことを示してくれるんです。

確かに斜めの場所とか、下が不安定な場所とかで三脚を置いたときに、どうしてもカメラ本体が水平にならないこともありますからね。
そうならないようにこんな機構まで装備しているのでした。

いやぁこの凝り具合にはこちらも脱帽です。
一応ファミリー向けって書かれてましたが、かなりマニアックな人が使っても十分満足できそうな気がしました。

デジカメ用に三脚が欲しいなって探しているたかには、このEX-440もなかなかいい選択肢の一つになるかと思いますよ。
お値段もそんなに高くないので、もし気に入らなくても許せる金額ですから。

ぜひ一度勝手、その素晴らしい使い勝手をお試しくださいませ。

本日もありがとうございました。