本日は3月31日ですね。
2015年度もおしまいです。

そんな本日、AppleからiPhoneの新製品である

iPhone SE

が発売されました。
ise1-1

数字のつかないiPhoneです

今回発売されたiPhoneは、新しい機能とかが付いているわけではありません。
あくまでサイズを以前のiPhone 5の世代に戻したものとなっています。

ただ中身は現在最新のiPhone 6sとほぼ同等になっていますので、進化といえば進化ですね。
それだけの高機能を、小さいボディーに圧縮して搭載したものとなっています。

そして今回発売されるiPhoneは

初代iPhone以外で、初めて数字が付かないiPhone

となっています。

初代のiPhoneは、そのまま”iPhone”とシンプルな名前でした。
しかしまだ2G時代のもので、日本では発売されていないんですよね。

日本で発売されたiPhoneはiPhone 3G以後となりますが、以後の機種はすべて数字が付いていました。
しかし今回新たに発売されたiPhone SEは数字が付いていません。

ちなみに”SE”の意味は

Special Edition

ということらしいです。

その昔、Appleは”Machintosh SE”という機種を発売していましたが、それと同じ意味のようですよ。

機能的にはどうか?

ここが一番気になるところですよね。
サイズは確かに小さくなったけど、その分機能も落ちているのではないかと。

iPhone 6sとの比較で、具体的に6sより劣る点はと言いますと

①解像度が1,136 x 640 (6sは1,334 x 750)

②3Dtouchを搭載していない

③FaceTimeカメラ(自撮り用のカメラ)が1.2メガピクセル (6sは5メガピクセル)

④容量が64GBまでしかない

主にはこんなところでしょうか。

画面が4.7インチから4.0インチと小さくなる分、解像度も少なくなるのは致し方ないところです。
それでも326ppiと、画面の細かさでいうと6sと同等となっています。

あとはヘビーユーザーからしたら、128GBがラインナップにないというのが少々不満でしょうか?
それ以外はそんなには気にならない気がします。

ise1-2

ちなみにiPhone SEの優っている点は

①サイズがiPhone 5sと全く同じ大きさになった

②バッテリーの持ちが改善して、4G LTEで最大13時間インターネット利用可能 (6sは10時間)

③値段が64GBでSIMフリーで64,800円と安い (6sは64GBで98,800円)

といったことがあります。

「4インチがベスト!!」

と言って使い続けていたiPhone 5sのユーザーにとっては、ケースなどそのまま流用できるので、結構便利かもしれませんよね。
買い替える上では、違和感も少ないでしょうし、良いんではないでしょうか。

またバッテリーの持ちが良くなっているのも大きなメリットかと思います。
しかも搭載しているチップの”A9″はiPhone 6sや6s Plusと同一なので、非常にパワフルなはずです。

そして解像度が減っている分、ピクセル当たりに使用できるグラフィックスパワーは、6sより上になります。
そう考えると、6sと比べるとベンチマークはもしかしたら良いかもしれませんね。

 

機能的には先進的な面はありませんが、ある意味安定しているので、意外といい機種かもって気がしています。
当初言われていたような”廉価版”という扱いは間違っていそうですね。

しかも

iPhone 5 SEではなく、iphone SEと名付けてきた

ことからしても、iPhone 5sの進化版として欲しくはないというAppleの姿勢を感じます。
全く新しい機種として扱ってほしいということなんでしょう。

自分は新しもの好きなので、iPhone 7まで待ちですが、iPhone 5sのユーザーの方にとっては、良い乗り換え機種な気がします。
お値段の方も比較的リーズナブルですしね。
特に4インチが扱いやすいと感じている方は、ぜひ検討されてはいかがでしょうか?

本日もありがとうございました。