それでは前回に引き続きましてApple WATCH SPORTのレビューです。

前回はなかなか予約をするのも大変だったよというお話でした。
その後供給状態の改善に至ったというニュースは届いていませんが、目途は立ちつつあるんでしょうかね?

またその辺り情報が入りましたら適宜こちらのブログにも書いていこうと思います。

というわけで、今回は商品到着後のお約束の”開封の儀”です。

商品はこんな感じでした

前回もお伝えしたように、商品は筒状の段ボールに入って郵送されてきました。
ちゃんと

発売日の4月24日に到着するように指定

されていたのでした。

この辺りはうれしいところですよね。
iPhoneの場合、各キャリアのオンラインショップで購入したとすると、発売の翌日にしか商品が届きませんからね。
Appleから購入すると、発売日にちゃんと商品が手元に届くんで

発売直後に手に入れたぜ!!

っていう感動も味わえちゃいます(^^)

送られてきたのは前回紹介したようにこんなのでした。

AW1-3

で、この段ボールを開けてみると

AW1-4こんな感じで

真っ白なパッケージ

が入っているのでした。
イメージ的には立方体みたいな箱に入っているものと予想していたんで、これはちょっと意外でしたね。

この写真では少し見にくいですが、真ん中の部分をアップにすると

AW1-5こんな風に

“Apple(リンゴマーク)WATCH”

と書かれているのでした。
箱のデザインについては、iPhone 6のパッケージと同じような感じですよね。

裏面と横面はこんなでした。

AW1-6

AW1-7

簡単に商品の中身の説明と内容物の紹介が書いてありました。
まぁアップルらしいシンプルな外箱ですね。

続いて中身を拝見

パッケージはビニールに包まれているのですが、それを開封して中身を出してみますと

AW1-8中に何やら入っています。
全部出してしまいましょう。

AW1-9上から

①充電器&USB変換器
②簡単な取扱説明書
③Apple WATCH本体

となっています。

メインのApple WATCH本体の箱も開封です。

AW1-10

なるほどー、こうやって本体が入っていたんですね。
バンドがまっすぐの状態で届けるためにこのような長細いパッケージになっていたという訳です。

見た目は

一番安いモデルとはいえ、高級感

がありますよね。
所有欲を満たしてくれるというものです。

説明書と一緒に入っているものを開けると

AW1-11

もう1本バンドが入っていました。
予備用のバンドかと思ったら、そうではないんですね。

よーく見ると、本体に装着されているバンドよりちょっと短いですよね?
これは腕が細い人のために

短めのバンドが一緒に同梱

されているんですね。
この辺りもさすがアップル、心遣いが細かいです。

本体を取り出します

という訳で、おさまっていた本体を箱から取り出すと

AW1-12こんな感じです。
本体もそんなに厚くはないですよね。

AW1-13

縦にしてみました。

AW1-14

本体部分をアップにすると、画面の右側面にはこのように2つのボタンがついています。
上についているのは

デジタルクラウン

と呼ばれる、ぐるぐる回るダイヤルのようなものですね。
ボタンとして押すこともできます。
画面をスクロールさせたりするときにグルグルします。

その下にあるのは

サイドボタン

と呼ばれるものです。
そのまんまですね(笑)

これを押すと、iPhoneの電話帳の中の”よく使う項目”のリストの人が出てきて、すぐに電話をかけられるようになっています。

画面の左側面はというと

AW1-15意外と何もついていなくてスッキリしています。
縦に長い穴が2つと、小さなピンホールが空いているぐらいです。

裏面はというと、

AW1-16

ちょっと見た目変わっていますよね。
黒い円の周囲に簡単な説明が書かれています。
黒い円の部分はかるーく盛り上がっています。
実はこの黒い円に充電器をピタッと当てて充電するんです。

充電は

その充電器ってのがこちら。

AW1-17USBで接続するんですが、iPhoneのlightningのような端子ではなく、先端には円形のラムネのようなものが付いています。
拡大すると

AW1-18こんな円柱状のもので、真ん中が少しだけ凹んでいます。

これをApple WATCHの裏面に近づけると

AW1-19あら不思議!!

吸い寄せられるようにピタッとくっつく

のでした。
これで本体と充電器の部分が接しているだけで充電されるという仕組みです。
Macの電源ケーブルみたいにマグネットでくっつくんですね。
端子の抜き差しをしなくて済むので、使い勝手は良好です。

さて、ここから使えるように設定へ!と行きたいところですが、ちょっと長くなりそうなので、今回はこの辺りで。
次回をお楽しみに。

本日もありがとうございました。