今回はiPhoneネタです。

テザリングって皆さん使われていますでしょうか?

テザリングってのは、簡単に言うと

スマホの回線を使って、パソコンやタブレットをネットに繋げる方法

と言ったらいいんでしょうかね。

今までだったら、パソコンをネットにつなげようとなると、わざわざそのためにモバイルWi-FiルーターやUSBデータ通信カードを買って、別の回線の契約をしないといけなかったですからね。
実際自分もiPhone 5を買うまではWiMaxの契約をしていました。

でもテザリングが使えるようになってからというもの、もうほとんどそれだけで必要な用事は足りてしまっています。
テザリングってとっても便利なんですよね。

今回はそのテザリングについて、特にBluetoothを用いたテザリングについて解説していきます。

テザリングの方法

iPhoneで可能なテザリングには主に3つの方法があります。

①USBケーブルで接続する

②Wi-Fiで接続する

③Bluetoothで接続する

この中では①が一番シンプルな方法ですね。
特に設定も必要ありませんので、簡単に可能です。
そしてメリットとしては

通信をしながら、iPhoneを充電できる

ってことがあります。

長時間のネット接続をする場合には、この方法が良いかと思われます。

 

そして、無線で接続する方法には②と③となります。

多分多く使われているのは②の方なんじゃないでしょうかね?
②と③を比べると、②の方が通信速度は明らかに早いです。
ただし、Wi-Fiで接続するときの弱点は

iPhoneがスリープ状態になっていると、パソコンからWi-Fi接続できない

ってことなんです。

つまりパソコンからWi-Fiルータとして認識してくれないんですよね。
だから接続するためには、iPhone本体を取り出して、1回スリープを解除してから、PCを開いてWi-Fiの電波を拾いに行って接続となるわけです。

要は、ポケットからiPhoneを1回外に出さないといけなくなるわけですね。

Bluetoothを用いたテザリングのメリット

対してブルートゥースを用いた方法には、2つの大きなメリットがあります。

1つ目は

iPhoneの電源をいちいち入れなくても、そのままパソコンから接続できる

ということです。

つまり先ほど書いたようなWi-Fiの方法だと、いちいちiPhoneのスリープ解除が必要となるんですが、Bluetoothだと、スリープ解除しなくても、パソコンから直で接続できるんです。
これって意外と知られていない、すごーく便利なポイントなんですよ。

特にモバイル用途だと、ちょっとだけ繋いで、すぐに接続を切って、またすぐ繋いでって使い方をすることが意外とあると思うんです。
長時間繋ぎっぱなしでいると、パソコンもiPhoneもバッテリーがすぐに消耗してしまいますからね。

そういった場合に、いちいちiPhoneのスリープ解除してからパソコンから接続ってやってると、結構面倒なんですよね。
iPhoneはポケットに入れたままで、スマートにパソコンが繋がるってとっても便利ですよ。

そして2つ目は

Bluetooth接続の方が、Wi-Fi接続に比べてバッテリーが長持ちする

ってことがあるんです。

やっぱりWi-Fiの方が高出力な分、消費電力も多くて電池の減りが早いんです。
自分で使った印象としても、明らかにBluetoothでの接続の方がバッテリーの残量が持ちましたから。

そういう意味ではBluetoothでのテザリングはかなり使い勝手が良好なんです。

 

実際の接続方法

では早速iPhoneとWindows 8.1をブルートゥースを用いたテザリングで接続する方法を説明していきましょう。

まず大前提として、

各キャリアとテザリングオプションは契約

しておいてくださいね。
これができてないと、いくら設定しても使えませんから。

まずはiPhoneの方から。
iPhoneの“設定”から“インターネット共有”を選んでください。

IB1-1

すると

IB1-2

こんな画面が出てくると思います。
ここで、インターネット共有がOFFになっているようなら、ONに切り替えてください。

続いて、元の設定の画面に戻り、次は“Bluetooth”を選択します。

IB1-3

 

で、まずはBluetoothがちゃんとONになっていることを確認してください。

IB1-4

とりあえず、iPhoneの設定はここまでです。

 

続いて、PCの方の設定に移ります。

PCの方もBluetoothの設定の方から行くことになります。

まずは、右にマウスを持って行って、“設定”>”PCの設定”をクリックします。

IB1-5

 

続いて、PC設定の項目の中から、“PCとデバイス”を選択します。

IB1-6

そして、その中から“Bluetooth”を選びます。
あっ、当然のことですが、PC本体にBluetoothが内蔵 or 接続されていないと、この項目は出現しませんのであしからず。

 

IB1-7

そうすると

IB1-8

 

“Bluetoothデバイスの管理”という画面が出てきます。

ここで、もしBluetoothの項目が“オフ”になっている場合には、“オン”に切り替えてくださいね。

ここでiPhoneが先ほどのBluetoothの画面が表示されていれば、上の図のように、iPhoneが表示されるかと思います。
そして

“ペアリングの準備完了”

って出てるはずなので、iPhoneのアイコンをクリックします。

すると

IB1-9

PCの方にはこんな画面が出てきます。
そして数字(パスコード)が表示されると思います。

同時にiPhoneの方には

IB1-10

こんな風にPCの方の名前と、同じ数字(パスコード)が表示されるかと思います。
数字とペアリングしたいパソコンの名前が正しければ、PCの方は“はい”、iPhoneの方は“ペアリング”をそれぞれ選択します。

これでPCとiPhoneは繋がるようになったはずです。
ただこれだけだと、iPhoneの曲がPCから見ることができるようになっただけで、通信はできません。

通信するためには、もうひとがんばり必要です。

 

次にPCの画面右下の上向き三角形(▲)をクリックします。

IB1-11

すると、いろんなアイコンが出てくると思うので、その中でブルートゥースマークを右or左クリックします。

そうすると、Bluetoothに関する項目がいろいろ出てきますが、この中で“パーソナルネットワークへ参加”をクリックします。

IB1-12

すると新たなウインドウが開くと思います。
中には電話の形をしたアイコンがあり、iPhoneの名前が確認できるかと思います。

IB1-13

そのアイコンの上で右クリックをして“接続方法”>”アクセスポイント”を選択すれば完了です。

これでiPhoneのテザリングを利用して、PCがネットにつながるはずです。

一度繋がってしまえば、2回目以後の手順はとっても簡単です。

2回目からは

先ほどのPC画面の右下の上向き三角(▲)をクリックするところからでOK

です。

iPhoneの方は何も触らなくても、PCからだけで接続できるはずです。
PCからネットに4クリックぐらいで簡単に繋がっちゃうわけです。

無事ネットに接続できましたか?

最初の設定のところが少々ややこしいですが、一度繋がってしまえばあとは非常に簡単につながるようになるはずです。
Bluetooth接続の場合には、先ほども言っていたように

iPhoneがスリープ状態でもテザリングでの接続ができる

ので、ポケットに入ったままでもPCがネットにつながりますよ。

自分も長時間テザリングするときにはPCにUSBケーブルを介して接続しますが、ちょっとネットで見たい時なんかは非常に重宝しています。

もしまだ利用されていないようでしたら、この快適さを味わってみてくださいませ。

ちなみにiPadでも同じような方法でテザリングできちゃいますよ。
基本は一緒ですが、そちらに関しては長くなってしまったので、また次回にでもお話いたしましょう。

本日もありがとうございました。