Appleから発売されているiPhone 6 Plusですが、そろそろ発売から1年が経過しようとしています。
自分も同機を使っている一人なんですが、幸いこれまでのところは大きなトラブルに見舞われることもなく使えています。

しかし

本体背面のiSightカメラが不具合を起こして、写真がぼやけて見えることがある

という不具合の発生が確認されたとのことで、交換プログラム(リコール)が始まりました。

対象機種はAppleのサイトで確認が必要です

リコールの対象となる機種は、iPhone6 Plusのすべてではなく、一部の機種のみのようです。
主には

2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売されたもの

とのことです。

やはり初期ロットには爆弾が仕組まれているんですねぇ(^^;

自分のiPhone 6 Plusが対象になるかを確認するには

iPhone 6 Plusのシリアル番号を知る

必要があります。

それを以下のサイトに入力して確認することになります。

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム

シリアル番号の確認方法

シリアル番号の確認の仕方については、もうすでにご存知の方も多いでしょう。
でも分からない方もいるかもしれないので、簡単に図を交えて説明していきますね。

まずは“設定”のアイコンをタップします。

iPhone6_1-1いろいろ出てきますが、その中の“一般”を選択します。

iPhone6_1-2一番上にある“情報”を選んでください。
そうすると

iPhone6_1-3こんな画面が出てきますので、その中の

シリアル番号

ってのをメモします。

これを先ほど説明したAppleのサイトに入力しましょう。

実際に入力してみたところ…

ということで、実際に自分のiPhone 6 Plusを試してみました。

サイトにアクセスして、シリアル番号を入力してと

iPhone6_1-4

“送信”ボタンを押してみたところ

iPhone6_1-5

見事、ビンゴ!!

でした Orz

 

まぁ今のところカメラ機能では特に不具合を自覚はしていないですが、一応直しておいたほうが良いんでしょうかね?
時間があるときにApple Storeに修理に行ってこようかなぁと思います。

ちなみに修理に行く際には、以前のiPhone5のバッテリーリコールの際に説明したように、予約をしておくとよいと思いますよ。

iPhone5リコール問題でバッテリー交換してきました | 気になるMonoをKatteレビュー

いきなり行っても、めちゃめちゃ混んでいて待たされる可能性が非常に高いですから。

というわけで

もしかしたら、自分のiPhone 6 Plusも対象機種かも?

って方は、一度確認しておくことをお勧めいたします。

本日もありがとうございました。