8月ももう残すところわずかとなり、Appleの新製品発表会も目前となってきましたね。

以前に書いたようにiPhone6の詳細および発売日が発表されることはほぼ間違いないでしょう。

そんな時期になって、突然アップルからiPhone5のリコールの話が出てきました。

今回はバッテリーの問題とのことです

今回だけでなく、今年の4月にも電源スイッチに欠陥があって、無償で交換に応じるってことありましたよね。

自分はその対象機種になっていたんですが、なんだか面倒そうだったんで結局そちらは修理してもらっていません(^^;

今のところは特に問題なく使えていますからね。

 

ただし今回の問題は

バッテリー駆動時間が急に短くなったり、頻繁に充電が必要になる

という症状とのことです。
これは普段の使い勝手にかなり影響してくるところですからねぇ。
直せるものなら修理しておいた方がよいかと思います。

身に覚えのある現象でした

実はこの症状、結構前から自分のiPhone5でも出てたんですけど(^^;;;

以前アップルストアに液晶が割れたのの修理に行ったときにバッテリーも見てもらったんですが、

もうかなりバッテリーがダメになってきていますねぇ

と確かに言われました。

だから寿命なんだなと思っていたんですが、実はそうではなかったんでしょうかね??

自分はてっきり

ゲームのやりすぎでバッテリーが消耗してしまったんだ

とばかり思っていました。

レースゲームのReal Racing 3をずっとやっていたところ、すぐにバッテリーがなくなっちゃうようになったんですよね。
これが面白くて、なかなか終われなくなってしまう恐ろしいゲームなんですけど。

Real Racing 3

Real Racing 3 (無料)
(2014.08.25時点)
posted with ポチレバ

文句を言った人達も、実はゲームをやりまくっていたのが原因だったりして(笑)

最近はちょっと出かけるときにも充電ケーブルが手放せなくなっていましたからねぇ。
しかも充電がまだ15%ぐらいあるなって思ってたら、突然電源が落ちたりってことを何度か経験していましたから。
やっぱりこれは異常だったのかもしれませんね。

交換することでこういった現象がなくなるのであれば、本当にありがたいことです。

リコールの具体的な方法について

実はリコールについてはまだアナウンスされただけで、日本では開始されていません。
自分も今日早速行こうと思ったんですが、フライングでした。

リコール対応してくれるのは

8月29日(金)開始

とのことです。
(アメリカと中国は8月22日から始まっているみたいですが、日本は1週間遅れで開始のようです)

また全てのiPhone5が対象になるわけではなく、あくまで

2012 年 9 月から 2013 年 1 月の間に販売されたiPhone5

が対象とのことです。
ここも重要ですから、間違えないでくださいね。

で、自分の使っているiPhone5がリコールの対象になるかどうかを調べるには

iPhone5 バッテリー交換プログラム

というページがありますので、そこにアクセスしてください。

recall1-1

そこで自分のiPhoneのシリアル番号を入力すると、バッテリー交換プログラムの対象機種かどうかが確認できます。

シリアル番号の確認方法については、前回のリコールのときの方法と同様ですのでご確認くださいませ。

ちなみに

自分のiPhone5は見事ビンゴ!!

でした Orz

でもこれでヘタっていたバッテリーを交換してもらえそうなので、ちょっとラッキーかもですが(^^)

やっぱり新製品が出てすぐに購入するのは、いろんな意味で危険性が高いのかもしれませんねー。
前回のボタン問題に続いて同様にリコール対象になっちゃいましたので。

でもそれにも懲りずにiPhone6も発売早々に購入しちゃうんででしょうけど…。

まだ不明な点と注意点

そういえば今回のリコールは、アップルストアに持ち込めばすぐに修理してもらえるかどうかは記載されていないので分かりません。
でも通常バッテリーの交換が必要な場合には、新しい本体に変えてくれるはずなんですけどね。
そうだとすれば、前回の電源スイッチ交換のときのように、しばらく代替機種を借りてなんて面倒なことは必要なくて済みそうですが。

そのあたりの情報はもう少し収集した方がよいかもです。
せっかく行っても、すぐに交換してもらえないようだと困っちゃう方もいるでしょうからね。

あと新しい本体に生まれ変わる可能性もあるので、

必ずバックアップを取っておいてからアップルストアにiPhoneを持ち込む

のだけは忘れないようにしたいですね。
新機種に変えてくれても、データの移行は自分でやらないといけないですからね。
そこだけはくれぐれもご注意を。

それから、もしバッテリーがヘタってしまって、すでに有償で交換したよって方は

以前のバッテリー交換にかかった料金を返金

してくれる可能性もあるようですよ。

先ほどのiPhone5 バッテリー交換プログラムのページからリンクがありますので、もしそのようなことがあった方は問い合わせされてはいかがでしょうか?

というわけで、間もなくiPhone6が発売されるので我慢すればよいのかもしれませんが、面倒でなければ現状のバッテリー減少を改善すべくリコールに行ってみたいと思います。
もし交換してきた際には、またその様子でもレポートしたいと思いますのでお楽しみに。

本日もありがとうございました。