つい先日、発売初期に出荷されたiPhone5のバッテリーに問題があってリコールをするって記事を書きました。

発表されたのがちょうど8月22日でしたかね。
自分のiPhone5がそのリコールに該当するか調べてみたところ、見事ビンゴでした!

自分のiPhone5が該当するかを調べるには、こちらのページからどうぞ。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム

確かに使っていて、最近すぐにバッテリーが無くなってしまうし、20%ぐらいあったはずが、あっという間に電源が落ちるなんてこともちょこちょこありましたから。
「まぁバッテリーの寿命かな」と諦めていたんですが、直してくれるんならぜひ直してほしい。

ということで、早速交換してもらってきました。

アップルストアに行くことにしました

iPhoneのメンテナンスに関しては、基本的にiPhoneを販売している携帯ショップでは対応してくれないんですよね。
なので、最寄りのApple Storeまで行かないといけないんです。

地方に住んでいて、近くにApple Storeがないなんて方にとっては、こういう時は非常に不便ですよねー。
そういう場合には、一応郵送でも対応はしてくれるようですよ。
ただ本体が戻ってくるまでの間の数日間は、電話自体が使えなくなってしまうのでちょっと困るかもです。

で、自分の場合は以前iPhone5のガラスが割れて修理に行という経験をしていましたので、同じ要領で行くこととしました。

まずは予約です

いきなりアップルストアに行ってもいいんですが、ほとんどの場合は列に並んでしばらく待たされることになります。
それを避けるためには

Genius Barの予約を取る

ってことが重要なんですよね。

Genius Barの予約はネットから取ることもできますし、iPhoneのApple storeアプリから取ることもできますよ。

Apple Store

Apple Store (無料)
(2014.08.31時点)
posted with ポチレバ

上のアプリを使ってGenius Barの予約を取ってみようってことで、

recall2-1

 

Genius Barの中から、”iPhone”を選択したところ

recall2-2

 

なんと

予約が取れないではないですか!!

試しに普通にネットから見てみても同様で、予約がいっぱいってことみたいなんですよね。
それだけ修理したい人がいるってこと??

でも、前回のガラスの修理のときに書いたように、

何度かアクセスしていると突然予約枠が空くこともある

ので、待つのは嫌だって方は試してみてもよいかもしれませんけどね。

ただ自分の場合は、並ぶこと覚悟でアップルストアに直撃することにしました。

が、やっぱり待たされた

その日はちょうどバッテリー交換プログラムの初日の8月29日でした。

iphone6

平日だから大丈夫かと思っていたんですが、そんなことはないんですよねねぇ。
やっぱり列になって並んでいるのでした(T_T)

しょうがなくその列の最後尾に並んで順番を待つことにしました。

店員さんから、どういった用件で来たのか尋ねられたので、バッテリー交換プログラムのために来たことを伝ました。
すると自分のiPhone5を出すように言われ、iphoneのsafariを開いて店員さんが持ってる端末とデータのやり取りをしている様子でした。
きっとそこで該当機種かの確認を取ったんでしょうね。

そして名刺になんだか謎の暗号のようなものを書いて渡してくれました。
これを列の先頭に行ったら店員さんに見せてくださいとのことで。

recall2-3
列に並ぶこと30分ぐらいで先頭まで到達しました。

しかしこれが土日だったら、きっと1-2時間待ちぐらいになるんでしょうなぁ。
あぁ恐ろしい。

そこで店員さんに先ほど渡された名刺を渡すと、すぐに対応してくれました。

iphone7

対象機種だということを確認してもらって、サインなどをしてiPhone5をお預けするのでした。

預ける前には

1. パスワードを切っておくこと

2. “iPhoneを探す”がONになっている場合は解除しておくこと

3. データを前もってバックアップしてあること

を要求されました。

3だけは前もってやっておかないといけないので、アップルストアに行く前にちゃんとバックアップしておいてくださいね。

本体を渡してから、約1時間ほどかかるとのことだったので、近くをぶらぶらして時間をつぶしていました。

 

iPhone5が帰ってきましたが

指定された時間に訪れると、修理上がりのiPhone5と領収書を渡されました。

領収書と言っても、今回はリコールなので当然交換代は無料ですけどね。
普通に消耗してきてバッテリーを交換した場合には、7400円かかると書かれていましたよ。

ずっと以前に調子が悪くてiPhone5を持ち込んだ際には本体ごと新しいものにしてくれたので、今回もそうなるかなぁと期待していたんですが、

バッテリーだけ交換されていた

ようでした。

シリアル番号も修理前と変わっていなさそうでしたから。

発売されてすぐの頃はiPhone5のバッテリー交換もなかなかできなかったんでしょうが、もうその技術も確立されているんでしょうね。
まぁ今後かなりの台数の交換が必要になることでしょうし、全部新しい本体に変えていたら大変ですから。

というわけで、リコール対象となっていたスリープボタンの修理は同時にはされていないってことなんでしょうね。
少しその点も期待していたんですが、少々残念な結果となってしまったのでした。

しかし純粋なバッテリー交換だけにとどまったために良かった点が。
それは

データは全く初期化されずにすんでいた

ってことです。
全部消されてしまっていると、またiTunesを介して同期しないといけません。
結構これに時間がかかるんですが、それをせずにすんだというのはありがたかったです。
もらってきてすぐから、普通に以前同様にiPhone使えましたからね。

バッテリー交換後の使い勝手は

バッテリー交換したら電池の持ちがすごく良くなるかなぁと思ったんですが…やっぱりそれでも結構減りますね(^^;

iPhone5を使い始めた頃は、もう少し電池の持ちが良かったような気がするんですが。
全く最初の状態と同じとはいかないんでしょうかねー。
あるいは変なアプリが働いていて、電池を無駄に消費されてしまっているのかもしれませんが。

それでもバッテリーを交換してもらってからというもの

ある程度残量があるのに突然切れるという現象は無くなりました!!

順に残量が減っていくので、いつ切れてしまうか分からないという不安は無くなっただけでもありがたいです。

間もなくiPhone6も発表されるようですが、発売までにはまだ少し時間がありますからね。

iPhone5のバッテリーでお困りの方は、この際交換プログラムを利用してバッテリ交換しておくことをお勧めしますよ。

本日もありがとうございました。