ここ最近ストリーミングの音楽サービスが話題となっていますね。

つい先日から日本でサービスがスタートしたのは

①Apple Music
②AWA
③Line Music

ですね。

3種類のサービスの特徴はというと

Apple Musicは言わずもがな、Appleが始めた新サービスです。
iPhoneを使っている人にとっては、普通に音楽を聴く感じで聞けるので良いようです。
また洋楽にはかなり強いと評判ですね。

AWAってのはavexとサイバーエージェントが作った音楽ストリーミング配信の会社です。
最近はTVでCMもよくやっているので耳にされている方も多いんじゃないでしょうか?
ところで、このAWAってどういう意味? あるいは何かの略語なんでしょうかね?
調べても出てこないので気になるところですが…。

そして3番目のLine Musicですが、これもご存知の通り、Lineが運営している音楽ストリーミングの会社になります。
こちらはエイベックスとソニーミュージックエンターテイメント(SME)が共同出資しています。

今回はLine Musicを試してみました

どのサービスもそれぞれ魅力的なサービスです。
そしてどのサービスもお試しの無料期間が付いています。

Apple Musicは3か月間、AWAも同様に3か月間となっています。

しかしLine Musicに限っては

スタートから8月9日までだけ無料

と、他の2つのサービスと一線を画しています。

強気なんでしょうか?

そんなわけで、とりあえず無料期間中に試しておこうということで試しにLine Musicの方から使ってみることにしました。
(他の2つは追々試してみる予定です)

LM1-1

使い方はいたって簡単で

Line Musicのアプリをインストールするだけ

です。
あとは特に難しい設定や、クレジットなんかの入力も必要ありません。

もし有料になってから「も使い続けたい場合は

チケットを購入する

という仕組みのようですので、知らない間に課金されるという心配はないみたいです。

意外といろんな曲が聞けました

AppStoreのアプリの評価の欄は結構厳しい評価が多く

聞きたい曲がほとんど聞けない

とか

あってもオルゴールの曲しかない

なんて苦情がいっぱい書かれていました(^^;

なので、正直あまり期待せずに使用開始しました。
しかし、意外や意外、思っていたよりもたくさん曲は収録されているのでした。

特に洋楽の古いものや邦楽でも全部ではありませんが、結構メジャーなものもたくさん聞けました。
最近のものだと、CMでやっている西野カナ三代目 J Soul Brothersなんかも結構ありました。
邦楽の古いものもまずまずある印象ですね。
しかし有名なアーチストについては、ない人は全くないとはっきり分かれている感じでした。

なので、聞きたいアーチストの曲がないとなるとちょっと悲しい思いをするかもしれません。
ただその場合には、他のサービスでも横並びで同様の可能性が高いんじゃないでしょうかね。
そもそも

ストリーミングサービスにはまだ曲を提供したくない

ってアーティストだと思われますので。

サービスがある程度普及して一般的になってこれば、提供するアーチストもさらに増えてくるんじゃないでしょうかね。

というわけで、邦楽に関しては、正直なところまだまだこれからかなって感じです。
とは言え、あまり期待していなかった分、思った以上に曲が聞けて満足しています(^^)

その他不満な点は

ちょっと使った感じで不満な点としては、曲の検索なんかがまだ弱いかなってところはあります。
ピンポイントでキーワードが当たれば大丈夫ですが

あの曲なんだっけかな?

って感じで、曲を探すのはまだ難しそうですね。
年代とか雰囲気なんかで検索できるようになると面白いと思うんですけどね。

あとは

聞いている曲に関連した曲を提案してくれたりすることはまだない

んですよね。
(その辺りは他の2つのサービスはしているようですが)

まぁまだ始まったばかりなので、これからいろいろインターフェースなども改良されてくるんでしょうか。

とりあえず無料期間中にどんな感じか、雰囲気を掴む意味で試してみるのはいいんじゃないでしょうか?
せっかくなのであと2週間ほどですが利用して判断されることをお勧めしますよ。

個人的には今後3つのサービスをそれぞれ使ってみて、どれを使うか判断してみようと思っています。

本日もありがとうございました。