今回はいままでの感じとちょっと毛色が違いますが、ワインオープナーのレビューです。

ワイン飲まない方には全く関係なくなってしまいますのでごめんなさいね。

 

なぜ購入したかと言いますと

これまではどちらかというとお酒はビール派だったんですが、最近ときどきワインも飲むようになりまして(^^;
といっても、テーブルワインが中心ですけどね。

いちおうワインオープナーも持っていたんですが、先日壊れてしまったんですよ。
結構お気に入りだったのに…。

普通に栓を抜こうとしたら、スクリューのところがボキッといってしまったのでした。
こんなことあるんだとちょっとびっくりしましたが。

というわけで、さすがにこれがないとワインが飲めなくなってしまうということで、急遽購入することにしたのでした。

ワインオープナーといってもいろいろあります

そうなんですよね、ひとえにワインオープナーと言いましてもいろんなタイプのものがあります。

自分のところの壊れてしまったのは、こんなタイプのものでした。

WO1もらい物ではあったんですが、結構良かったんですけどねぇ。

対して、こんな形のものもありますよね。

WO2

いわゆる“ソムリエナイフ”とも呼ばれるようなタイプのものですね。
こっちのが確かにかっこ良さそうだけど、素人が使いこなせるのか?っていう不安もあり。

とりあえずAmazonを覗いてみることにしました。

すると結構人気でかっこいい商品を発見!!

ちょっとお高かったけど、よさ気だったので思い切って買うことにしたのでした。

その商品とは

で、実際購入した商品というのは

Le Creuset(ル・クルーゼ) ワインオープナー / テーブルモデル TM100

というものです。

 

Le Creuset(ル・クルーゼ) ワインオープナー / テーブルモデル TM100


Le Creusetというのはフランスの会社で、主にキッチン用品(鍋やお皿なんか)を扱っているところです。
そんな会社が、まさかワインオープナーまで作っているとは知りませんでしたよ。
まぁワインの本場だけあって、そういうのも需要があるんでしょうね。

パッと見た感じで

ちょっとおしゃれかな?

ってことで、思わず買ってしまったのでした。

Amazonさんで、だいたい2000円前後でした。
他のものと比べると、ちょっと高級かもしれませんね。

届いた商品は

そしてこちらが届いた商品です。

WO3

やっぱりフランスだけあって、外箱からしてなんとなくおしゃれでしょ?
しかも5年保証とのことですよ。

裏面はというと

WO4

なんかシンプルでいいですね。
でもよく見ると、

“Made in China”

でした。
やっぱりどんな製品でも、そういうのが多いんでしょうかね。

WO5

使い方の説明はすごくシンプル!

Just turn handle, no pulling required
(ハンドルを回すだけで、引っこ抜かなくてよいよ)

ってことでした。

WO6

箱を開けると、本体とちょっとした説明書が入っていました。

WO7

そして箱から本体を取り出してみてびっくり。
なんと

2つにパーツが分かれてしまう

のでした。

こんなタイプのワインオープナーは見たことなかったので、ちょっと驚きました。

合体させると

WO8こんな感じになるのでした。

ちゃんと“Le Creuset”のロゴも入っています。

WO9

説明書はいろんな国の言語で書かれたものが入ってました。
残念ながら日本語はありませんでしたが、別に読めなくても使えるから大丈夫ですよね?

実際に使ってみました

というわけで、実際にワインのコルクを開けてみることとしました。

ワインは転がっていた安物ワインなんですが、そこそこ美味しいのでちょこちょこ飲んでいるものです。

まずは通常のように瓶の上にセットします。

WO10

先端だけコルクに刺さっている状態です。
ここから少しずつハンドルを回していくと

WO11全然抵抗なく奥に入っていくのでした。
すごく切れ味がいいんでしょうね。

さらに進めると

WO12

自然とコルク自体が上に上がってくるんですよ、こんな風に。
ちょっと不思議な感じでしょ?
さらに進めると

WO13

ほぼ抜けた状態になりました。
後は軽く上に引き抜いたら、無事にコルク栓が抜けたのでした。

WO14

こんな感じで。

この時はまだ慣れていなかったせいもあってか、スクリューが結構斜めに入ってしまってました。
だから上の写真も大分スクリューが左に寄っちゃってますよね?
うまくやればきっとど真ん中に来るんでしょうね。

スクリュー部分を抜きますと

WO15

ほらこの通り。
コルク栓はスクリューじゃない方の本体が保持した状態となります。
これも引っ張れば簡単にスコっと抜けますよ。

そんな感じで、思った以上に使い勝手はよかったです。

いままで使っていたものよりも全然簡単にコルク栓が抜けちゃいますね。
スクリューをぐるぐる回すのも、全然力が要りませんし。
子供とかだったら、面白くて何本もワインのコルク栓を抜いてしまうかもしれません(笑)

自分がやっていても楽しかったですから(^^;

お値段的にはもう少し安いものもありますが、なんといっても5年保証ですし、それよりなにより

ちょっとおしゃれでしょ?

ってところが一番のポイントかと思います。

普通のワインオープナーでは飽き足りない方や、おしゃれさを追求する方は試してみても良いかもしれません。

本日もありがとうございました。